【長生きの秘訣】スムージーで血糖値を下げる方法を紹介します!

血糖値を下げると言っても、具体的にどうすれば良いのかわからないという方も多いはずです。健康診断などで血糖値について注意され、食生活を工夫するように言われても、忙しく働いている方には難しいでしょう。
ですが、血糖値をコントロールできなければ、糖尿病をはじめとするさまざまな病気にかかってしまうリスクが高くなります。その結果、寿命を縮めてしまうことになるかもしれません。

そこで、簡単に血糖値をコントロールする方法はないものか、と悩んでいる方も多いでしょう。血糖値をコントロールなんて言うと、難しく感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。ですが、今注目を集めているスムージーを飲んでみてはいかがでしょうか?

たかがスムージーを飲むだけで血糖値が変化するわけがない!という方もいらっしゃるかもしれません。ですが、スムージーには大きな力が潜んでいるのです。

◆スムージーで血糖値を下げることができる?
まず、どうしてスムージーで血糖値を下げられるのかをチェックしてみましょう。

最初のポイントとなるのが、多くの繊維が含まれているという点でしょう。フルーツ系のものはもちろんのこと、グリーンスムージーには非常に多くの食物繊維が含まれています。これによって、食べ物の糖の吸収を抑えられるのです。その結果、血糖値を下げることに繋がります。

また、食物繊維の他にもさまざまなビタミンなどが含まれています。これらによって体内の環境を正常化できます。特に胃腸内の環境を整えることによって、血糖値は大きく変化します。

このように、スムージーにはさまざまな形で血糖値をコントロールする効果があります。

◆どのようにスムージーを飲めば効果的なの?

では、どのようにスムージーを飲めば血糖値をコントロールしやすいのでしょう?
いくつかの方法がありますが、食事の前に飲むのが効果的でしょう。前述の食物繊維による糖の吸収を抑える効果がもっとも高くなります。また、ビタミンなどの吸収を阻害されることもありません。

また、朝起きてすぐに飲むのも良いでしょう。血液をサラサラにし、血糖値をコントロールしやすくなります。

血糖値が気になっているという方は、一度スムージーをためしてみてはいかがでしょうか?さまざまな形で血糖値をコントロールしてくれます。大きく食生活を変えることができないという方にもぴったりです。スムージーであればとても簡単ですので誰でも気軽に始められるはずです。

食べる量が減らない!

323

ある日、お風呂から上がった後に鏡を見ると、おなかにたっぷりと贅肉が乗った自分の姿が。体重を計ると70kg後半でした。当時は冬だったので次の年の夏までにはダイエットを成功させて、なんとか海に行けるような体型にしなければ、と思ったのがそもそものきっかけでした。

体重を落とすにはとりあえず運動だ、ということで出来る限り毎日1時間くらい走ることを3ヶ月くらい続けていたら、かなり体重が落ち、少なくとも人前で水着になれるくらいには体を絞ることが出来ていました。とはいえ、よくも三か月も続いたな、と自分でも思わず感心してしまうくらい、走るのはつらいものでした。なので体重が落ち切ってからは完全に安心しきっていて、またしても運動をしない生活に逆戻り。それでも体重は落ちたのだから大丈夫だろう、と思っていました。

しかし、それからしばらくたった後、まさかの悲劇が。なんと、1か月半程で体重がダイエットする以前と全く同じくらいまで戻ってしまったのです。わけもわからず、なぜこんなにも早く体重が元に戻ってしまったのでしょうか。

原因は食事量にありました。ダイエット以前はごはんであれば茶碗に一杯程度の量だったのですが、走るようになってからはお腹が空くので、茶碗二杯程は食べるようになりました。それでも、ダイエット中は走ることで大量のカロリーを消費することが出来ていたので、結果的に体重を減らすことは出来ていたのです。そして、体重を落としきって、走るのをやめてからはダイエット以前の茶碗に一杯程度の食事に戻すべきなのにも関わらず、私の食欲は衰えを知らず、相変わらずダイエット中と同じ量の食事をしていたがために、体重を落とした際の倍のスピードで体重が増えてしまったのです。

ダイエットの肝は摂取カロリー量より消費カロリー量を多くすることだと知っていたはずなのに、まさか食事量を減らすことを忘れていたなんて。結局ダイエットは失敗、その年も海に行く願いは叶いませんでした。

機能性表示サプリとスムージーの効果!ためすのは??

スムージと機能性表示サプリで脂肪を減らすサイトを紹介してるサイトを見つけました!

健康志向でスムージを取り入れ、科学に基づいた脂肪燃焼のサプリで効率的に痩せる方法があります

またスムージに一手間加えるだけで、きな粉やスーパーフードなど 効果もぐっと上がるみたいですね!!

一手間で体に良い健康ドリンクの作り方ガイドブックで詳しく書いてます

 

リバウンドのきっかけはまさかの新婚生活!生活改善日記

baf2b3f981b29ddd15c9ace1ea5dbc0d_s

結婚前に少しぽっちゃり体型だったため、理想のウェディングドレス姿になるために、ダイエットをしました。その成果もあって、スッキリとしたシルエットウェディングドレスを着ることができました。

しかし、悲劇は結婚後に起こったのです。新婚生活がスタートして、手料理を主人に振舞うようになりました。主人から「美味しい美味しい」と言ってもらえるのが嬉しくて、毎食5、6品の盛り沢山なメニューを作っていたのです。2人分の1食の量にしてはかなり多めでした。また、これまでウェディングドレスを着ようと頑張ってきたダイエットからも解放されたこともあり、食事の量が知らず知らずの内に増えていきました。そんな生活を送り続けて3カ月経った頃には、10kgも体重が増えてリバウンドしてしまいました。

これには、かなりショックでした。新婚生活を始めてすぐだというのに、あっという間63kgの体型に戻ってしまったのです。しかも、ダイエットには1年かかったのですが、わずか3カ月で元に戻ったのです。あまりの早いリバウンドに愕然としました。

そこで、再びダイエットするため、生活を見直すことにしました。一番の問題は、食事量が増えたことです。そこで、友人から勧められた酵素スムージーを使った置き換えダイエットをして、1食分の食事量を減らしました。この方法なら、あとの2食は普通に食事することができるので、せっかくの新婚生活の楽しい食卓に影響することはほとんどありません。

この酵素スムージーの置き換えダイエットを始めてから10カ月程で、元の体重に戻すことができました。始めは、毎食多めの食事量に慣れてしまっていたこともあり辛いかなと思っていたのですが、1週間もするとすぐに慣れることができました。思ったよりもスムーズにダイエットできたので嬉しかったです。ただ、またここで気を緩めるとまたリバウンドの可能性があるので、1年ぐらいはこの生活を続けることにしました。

食事制限のダイエットはリバウンドの元になる

168

女性ならダイエット経験の1つくらいあると思いますが、成功したものと失敗したもの両方の経験があるという人は多いです。失敗したものの中でダイエット自体がうまくいかなかった場合と、痩せたのにすぐにリバウンドしてしまったという失敗、両方あります。

カロリー制限をして、毎日サラダや低カロリーの野菜ばかり食べるというダイエットをしました。確かに、数ヶ月で5キロくらい痩せることが出来てダイエット自体は成功したのですが、5キロ痩せて目標を達成して気が緩んでしまい、さらにもともと肉やビールなどが好きだったので、制限していた反動でたくさん食べてしまい結果また体重が戻ってしまったという経験があります。また、栄養も偏ってたので、体調も悪いし、寝起きなども悪くなり健康的には良くなかったです。カロリー制限をしたダイエットは健康にも悪いし、運動も少しは取り入れながらもう少しバランス良くご飯を食べればいいと思いました。あと、好きなものも我慢していたので、まったく食べないという極端なダイエットは精神的にも良くないと実感しました。今でもたまにダイエットをしたいなと思うこともたくさんありますが、食事制限をするダイエットだけはしたくないなと思っています。健康にも良くないし、好きなものを全く食べられないというのはつらすぎます。次にダイエットする時はバランス良く食べてでも、脂っこいものは少なくするという少し減らすという方法でダイエットしようと考えています。また、少しは運動も一緒に取り入れようかなと思います。

ダイエットして思ったのはやはり我慢のしすぎのダイエットは良くないなと思いました。ある程度制限はしないといけないと思いますが、極端にやりすぎると終わった後でその反動がきてしまい逆効果になるという可能性が高いです。今は、ダイエットの方法はたくさん雑誌やテレビで言われているので、自分に合う方法でするのが一番大事なことだと思います。

リバウンドで学んだこと~健康的に痩せるためには~

520af1d66b70edc1fc123c2895d65fb0_s

20代はそこそこスマートでスタイルもキープしていた私ですが、出産を経験して30代に突入した途端、お腹周りの肉が気になるようになりました。骨盤が広がったせいかお尻も大きくなり、二の腕はぷよぷよ。
小さい子供がいると自由に出かけることが大変ということもあり、家で過ごす時間が増えてしまいました。娘が幼稚園に通いだして、周りのお母さんを見るとみんなお洒落でスタイルも良くて、キラキラして見えました。毎日送迎で顔を合わせなければならないので、このままでは太めのお母さんという印象になってしまう、昔は痩せてたのにと思い、ダイエットを決断しました。

私は、お米、パスタ、うどん、お好み焼きなどの炭水化物が大好きでした。おかずを何品か作るのが面倒な時は、パスタやうどんを作れば、一品で成立するというお手軽さも好きでした。炭水化物を減らして、野菜をたくさん食べるようにすれば痩せられると思い、実行しました。朝食はお米を抜いて、昼は普通に食べる、夜はお米を軽めもしくは食べないというふうにしました。その結果、最初の2週間は簡単に体重が落ちたのですが、それ以降は停滞期に入りました。炭水化物を制限したせいか朝はフラフラするようになり、仕事中も食べることを考えたり、集中力が低下しました。家でもイライラして、ついつい子供に当たってしまいました。

そして、リバウンドの引き金となったのが、ご飯を作ることが面倒になってしまったことでした。野菜中心の生活にしようと和食のおかずを頑張って作っていたのですが、忙しい時や帰りが遅くなった時はすべて手作りは大変でした。それでも、ダイエットのためと頑張りすぎた結果、料理が面倒になってしまい、またお手軽なパスタやうどん、お好み焼きを食べ始めてしまいました。一度タカが外れてしまうともう一気に食べ過ぎてしまうようになりました。
料理もできない、痩せられない、世の中のお母さんはもっとしっかりしているのにと自己嫌悪に落ち入り、もはや体だけでなく心も病気に侵されたようでした。

少し気持ちが落ち着いた時に体が疲れるようなダイエットは一生続かない、年を取っても健康でいられるような食生活、体型になろうと思い、再挑戦することにしました。
炭水化物は必要であると分かったため、毎食ごはん茶碗8分目まではOKにしました。おかずも野菜中心にするようにはしましたが、無理をせず、疲れた日にはカットサラダや野菜ジュースでもOKにしました。

急激に体重が減ることはありませんが、体と心が安定して、これなら続けられるという自信がつきました。大切なのは、無理せずに一生の健康を考える気持ちで取り組むことだと思いました。

習慣付いてしまった間食癖にはミネラルウォーターがいいみたい

167

3,900gとなかなか立派な体重で生まれ、義務教育を終える頃には、身長145cmで体重は85kgを記録しました。年々身長は伸びるものの、進学や就職や引越しなどの生活環境が変わる度に体重は減り、気が付けば170cmの65kgで落ち着いていたのですが、どうせならもう少し引き締めたいと思い、仕事帰りにプールに通うようになりました。

泳ぐ前に軽く食事をしてから2時間スイムやウォーキングで運動をし、帰りに食事をしてから帰ったり、自宅に戻ってからゆっくりと時間を掛けて、軽い夕食を摂っていました。その甲斐あって、プールに通い始めて半年が過ぎる頃には体重は59kgの目標体重をクリアできたところまでは良かったんですよね。目標体重をクリアできたという心の緩みもあり、プールでの運動も以前ほどの真剣さがなくなり、プールサイドで休んでいる時間が長くなってきました。

そんな矢先に職場の人員不足から残業が続くようになり、プールに通う時間が取れなくなってしまったのですが、半年以上続けてしまった、夕方に軽食を摂り、泳いだ後に改めて夕食を摂るという習慣が抜けず、残業中の空腹に耐えられなくなり、デスク周辺にはいつでもつまめるスナックや一口サイズのチョコが常備されるようになりました。運動していないのに危険だな、とは思いつつ、どうしても我慢できないんですよね。おやつを食べながらの残業が終わり、帰宅すれば普通に夕食を食べているのですから、当然体重は増えますよね。半ば予想通りとはいえ、たった2ヶ月で体重は72kgまで増えていたのには驚きました。

このままでは駄目だと思えたので、おやつ類の代わりにミネラルウォーターを常備するようにし、口寂しくなったら水を飲むようにしていたところ、期待以上に空腹感はまぎれ、特に苦労することなく間食癖を治す事ができました。この間食癖を改めただけで、3週間ほどで63kgまで戻す事が出来たのですから、おやつのカロリーって怖いですよね。

人員が補充され、残業ラッシュもひと段落したので、再びプールに通うようになり、2週間で目標体重の59kgまで戻すことができました。
なんとなく口寂しいという時には、他のものよりもミネラルウォーターを飲むのが一番口寂しさを紛らわせることができたので、もし間食癖がある場合は、ミネラルウォーターを試してみるのも良いかも知れませんよ。

リバウンドを防ぐには気の緩みを排除すること

f4949cdaabb1b8eabfcf5e0857461fd0_s

いままで数年に一度くらいの割合でダイエットをしているということは、ダイエットの回数から一を引いた数だけリバウンドをしてしまっているということになります。もちろん、ダイエットは3カ月から6カ月程度の期間で実行しますが、リバウンドは一年から数年の時間をかけて体重が増えてしまいます。

いままでの体験から言えることはリバウンドのきっかけでおもいあたるのは、長期の休暇がある時です。正月休みやゴールデンウィーク、お盆休みなどです。仕事をしている平日はしっかりと自己管理ができており、食事は自制できていますし、なるべくちょっとした運動も心がけています。それが、休日となると気の緩みが出るのかついついカロリーの高い間食をしてみたり、平日では歩いていくような距離の移動も交通機関を使ったりしてしまいます。それでも、土曜日曜とか、土曜日曜に祝日が絡んで3連休になるような場合ならあまりおおごとにならずに済むのですが、それ以上の休みがあるような場合には、歯止めが気なくなってしまうことがあります。毎年決まっている休みであるので、注意はしていますが、その期間は家族と出かけたり、友人と会ったりと、ついつい自制がきかなくなってしまいます。そうなってしまうと後は坂を転げるようなもので、休暇が終ったあとの平日でも、もういいか、というような自制の効かないことになってしまうのです。

それでも、いつも同じ失敗ばかりを繰り返している内にあるていの対処法もわかってきました。長期の休暇ではすべてに自制をするのは難しいので、休暇のうちの何日かだけはしっかりと自制を利かせるということにしています。それだけでも休暇が終ったあとのリバウンドはずいぶんましになっているので、平日に気を引き締めることによってリバウンドの悪習から脱出できるようになってきました。

リバウンドのきっかけは転職のせいでした。

f594d98b0844d77a86f26ceadac2d242_s

頑張ってダイエットに成功して半年経ち、もう元のように太らないだろうと思っていました。
そんな時、勤めていた会社が閉鎖することになりました。仕方なく、別の仕事を探していましたが、なかなか見つからず、パートにでも行って生活をしなくてはならないようになっていました。取りあえず、お菓子の工場に行くことにしました。

そこで、お昼休みと休憩時間にお菓子をそのグループで座ってる人が毎日親切に持ってきてて一緒に食べるのが日課になっていました。気付いた時には、入社して、1ヶ月でもとの体重まで戻ってしまいました。お菓子のカロリーをあなどっていました。ダイエットには半年かかりましたが、リバウンドまでには、たったの1ヶ月で元の体重にもどってしまいました。でも休憩時間に一人だけ食べないわけにもいかず、悩んでいました。

そんな時、前に頼んでたハローワークから電話が来て、正社員募集あると言ってきてくれたので、行ってみました。係りの人に前より太ったと言われかなりショックでした。このまま今の会社でパートしていても、また太ってしまうし、今回は正社員なので思い切って辞めて正社員の募集の方に面接に行きました。なんとか合格できたので、入社しました。

今度の会社は、休憩時間ももくもくと一人で寝てる人などばかりでしたので、無駄なお菓子など食べる機会もありませんでした。3ヶ月経った頃、元のダイエットしてたころの体重にもどり、ホットしました。

職場によって付き合い方も違うし、自分の意志が弱いこともあり、リバウンドするんだなとつくづく思いました。リバウンドは今回の場合は最初転職のせいでしたが、今の会社に入って元に戻れたのでよかったです。
ダイエットするには、何日もかかり、我慢との戦いです。でもリバウンドは、一瞬でもとに近づいていきます。これを機会に食生活気を付けたいと思いました。

痩せた安心感であっというまにリバウンド!

047

野菜スープダイエットとおかゆダイエット、糖質制限ダイエットを個人的にアレンジして、朝はおかゆだけ、昼は野菜スープ、夜はおかゆとカロリー控えめのおかず(肉はささみだけ)で3カ月かけて5キロ減量させることに成功しました。

その間、お菓子は一切食べない、ジュースもお茶と水以外は禁止にして、お腹がすいたら無糖炭酸水や無糖のヨーグルトで飢えをしのぎました。正直白米や肉、お菓子が食べられないのがかなりストレスだったのですが、どうしてもダイエットしたかったので相当頑張りました。電車での通勤を自転車に変えて、毎日往復一時間かけて自転車で通勤して運動も欠かさずするようにしました。

はじめの1ヶ月目は1キロくらい減ったり増えたりしてあまり効果が出ず、何度もやめてしまおうかとも考えましたが、自分を叱咤して一生懸命ダイエットに励んだところ、2ヶ月目からするすると体重が落ちていきました。体重が落ち始めると嬉しくてより食べる量を減らし、ひたすらカロリーを摂取しないことだけを考えて毎日過ごしたところ、丸3か月たつころには5キロの減量に成功しました。
まわりからも痩せたね!と声をかけられ、パンツも11号から9号になり、いままで履いていたパンツがすべてぶかぶかになりました。自分でも鏡を見るとあきらかに以前よりも痩せていたので、痩せたぞ!と大喜びしました。

そして、この喜びと安心感とともに、リバウンドが始まったのです・・・それからは今まで耐えていたものが爆発したかのように、白米や肉、揚げ物、お菓子など、我慢していたものを「自分へのご褒美」といっては食べて食べて食べまくりました。
「5キロも痩せたんだからちょっとくらい大丈夫!」その油断がダメでした。3か月かけて痩せたのに、3か月かけてあっという間にリバウンドしてしまったのです。途中これはまずいと思い、また食べるものに制限をかけ始めましたが、リバウンドしてしまうと、以前よりも痩せにくくなるようで本当に痩せません!ダイエットする際は無理な食事制限は止めましょう。ストレスがたまってどか食いしてしまう危険があります。
きつい制限はかけずに、長期間でのダイエット、時々はカロリーが高いものを食べたほうがストレスなくダイエット出来ると思います。